Menu

ESG情報

アイネットのESG

アイネットグループは、2021年度に50周年を迎えます。今後もさらに成長を続ける企業であり続けるために、役員および社員が全員で共有し、いかなる行動を起こす場合においても基準となる共通の価値観が必要であると考え、この機にグループの理念となる「inet Way」を制定しました。アイネットグループは、この「inet Way」に基づき、事業を通じて持続可能な社会の形成に貢献してまいります。

持続的成長を可能にするエクセレントカンパニーへ

アイネットグループは、この企業理念の下、経済価値、社会価値、環境価値を同時に創出していきます。規律ある経営を行うと同時に果断に挑戦し、目標を立てると同時に、着実に実行し、社会への貢献を果たしていきます。現在展開中の中期経営計画にも、ESG取組計画を組み入れ、計画的に進めていきます。アイネットグループが考えるESG的な諸側面は、成長を叶えていく経営戦略と別な軸にあるのではなく、経営戦略と不可分なものとして、経営システムに組み込んでいるものです。

環境

地球環境問題は、次世代そして将来の人類に対しても影響を及ぼすものです。当社は、社会インフラを支えるデータセンターを所有しており、エネルギーの省力化・環境負荷低減などに努めています。また、これらの活動の基底となる環境マネジメントシステムも構築しています。

社会

当社が行っている事業は、人材がすべての柱であり、この人に関する取り組みを中心に持続可能な基盤づくりを行っています。健康経営やダイバーシティを推進し、「働きがいのある職場」「働きやすい職場」の形成に努めています。また、障がい者雇用などにも取り組み、障がい者の自立を支援しています。

ガバナンス

当社グループの事業は、顧客のデータ等を扱う場合が多く、社会の公器として高い倫理観を持ち、法令遵守はもとより、広義のコンプライアンスを徹底させながら、加速度的に変化する業界環境を先取りした果敢な挑戦を可能とさせる強靭で柔軟なガバナンスが必要です。当社は、上記目的を可能にするガバナンス体制の構築に努めています。

SDGsへの貢献

当社のESGへの取り組みは、当社の長期的成長を支えると同時に、社会の持続可能性に大きく貢献するものと考えています。この取り組みは、2015年5月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された持続可能な開発目標(SDGs)に通じ、同目標の実現にも貢献していきます。

SDGs

ESG情報

IRカレンダー

  • 2020年07月31日2021年3月期 第1四半期決算発表
  • 2020年10月下旬2021年3月期 第2四半期決算発表
  • 2020年11月中旬2021年3月期 第2四半期決算説明会

詳しく見る

株価情報

よくあるご質問

当社に関するIRレポート掲載

投資家情報に関するお問合せ

045-682-0806

受付時間:平日9:00〜17:30

お問い合わせ
フォーム

TOP