Menu

よくわかる
アイネット

成長戦略

中長期的な追い風が予想される中、
市場伸長率を超えた成長を
目指しています

当社事業の中核をなすデータセンター市場及びクラウド系サービス市場は、急激な拡大が予想されています。また、当社が事業化に取り組んでいるドローン関連市場も成長が予測されており、全体的に当社事業は、追い風の状況となっています。個別の領域では、当社が業界トップシェアを誇るSS関連事業において、SS自体は減少傾向にあるもののシェア率は高い水準を維持、石油元売りの再編、統合により、クレジットカードや売上データの相互連携などのシステム開発案件も多く発生しています。また、コンビニなど、小売流通業では、ICTの活用が活発であり、システム更新やデジタル情報化のシステム投資などが旺盛です。このように当社が係るIT・DX(デジタルトランスフォーメーション)分野は、企業の存続を左右する分野となり、尚且つ、企業内に専門家が少ないことで、アウトソーシング需要が旺盛で、これからも成長し続けると想定されます。

市場の動き

デジタル・トランスフォーメーション(DX)

「健康・医療・介護、製造現場、自動走行、農業など、様々な分野でデータ利用が加速」
内閣に設置されている高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部官民データ活用推進戦略会議によると、今までは検索、コミュニケーション、消費などの分野に関するデータを収集し、AIなどを活用して解析を行い、サイバー空間におけるサービス提供や広告の効率化・高度化につなげるという競争でした。一方、今後は健康・医療・介護、製造現場、自動走行、農業などのより複雑でのオペレーションを必要とする分野へ競争が移行すると予測されております。その中で、日本企業が今まで培ってきた「すり合わせ」、「現場力」、「総合力」などの強みが活かしつつ、データ活用の基盤整備、それに対応する新しい規制の設計、官民のデジタル・トランスフォーメーションの促進などを行う方向です。

AI

「Society5.0を実現するためにAIを強化」
内閣に設置されている統合イノベーション戦略推進会議のAI戦略2019によると、我が国はSociety5.0を実現する中で、人材育成や研究開発の促進を始めとする民間企業のサポート、AIシステムの実装のために大規模データの収集・蓄積・解析に用いる機器、システムの安全性や健全性を担保する技術開発を念頭におき、着実に進めている状況であります。また、AIの応用でトップランナーとなり、産業競争力の強化の実現やAI分野での国際的な社会基盤を構築し、AIの研究開発、人材育成、SDGsの達成の加速などを目標に掲げて推し進めています。

クラウド

「自動車・郵送機器、医療、工場や物流などのIoTプラットフォーム利用シーンが増加」
令和元年版情報通信白書によると、世界のIoTデバイス数の動向では、今後、自動車・郵送機器、医療、工場や物流などの産業用とで高成長が見込まれ、IoTプラットフォームを支えるクラウドを利用するシーンが増加傾向にある。また、世界のデータセンターの市場規模も年10%程度のペースで拡大し、益々ニーズの高まりが予想されます。

戦略

事業規模の拡大と
成長スピードの加速!

中期経営計画
(2019年度~2021年度)

経営方針

持続的成長を可能にする
エクセレントカンパニーへ

拡大傾向にある市場の中で、どのように確実に、そして、高成長を実現していくかを取りまとめたものが現在展開中の中期経営計画です。この計画の基底となるものとして、長期の経営方針を定めています。これからの時代、社会・産業界では様々なイノベーションが起こり、大きな構造変革が進むと思われます。こうした中で、持続的成長を成していく企業は、時代、時流を鑑み変化していける能力を持つ会社です。エクセレントカンパニーは、その瞬間に優れているのではなく、世の中の移り変わりを先取りし、変化していく能力を根底に持つ会社だと考えます。当社は、このエクセレントカンパニーを目指し、持続的成長を遂げていきます。具体的な中期経営計画の構成としては、「経営戦略」「事業戦略計画」「投資戦略計画」「ESG取組計画」を策定しています。業績の拡大を図りながら、企業価値全体の向上を目指します。

  • 経営戦略 成長に向けた事業推進のベースです
  • 事業戦略計画 各事業の状況を踏まえた
    個別の成長戦略です
  • 投資戦略計画 変化の激しいIT業界において
    成長を続けるための投資計画です
  • ESG推進計画 「社会価値」を含めた
    企業価値の向上戦略です

ポイント

4,300社の顧客基盤、長年にわたる顧客との信頼関係、データセンター、クラウドサービスの展開によるプラットフォーマーとしてのポジションなどを活かした成長戦略を組み立てています。

経営戦略

・攻守のバランスの取れた展開
・お客さま第一主義に基づく、ITパートナーとして役割強化
・パートナリング、アライアンス等による販路拡大/サービス強化

事業戦略計画

情報処理サービス
・SS事業のシェア拡大
・クラウドサービスの強化
・DXソリューション事業の育成と販売拡大
・IoT/AIを活用したサービス強化とビジネスモデル化
・ドローンビジネスの強化および早期収益化
システム開発サービス
・顧客や市場ニーズに合わせたサービスの提供及び差別化に注力
・宇宙分野での事業領域の拡大
・新市場の開拓
投資戦略計画
・持続的成長に向けた積極的投資
(人材育成/データセンター/研究開発/海外事業・・etc)
ESG取組計画

・人材マネジメントの強化
・ダイバーシティの推進

TOP