フリーワード検索

財務・業績情報

直近の業績と見通し

直近の業績と見通し

直近の業績

(単位:百万円)

2021年
3月期2Q
2022年
3月期2Q
前期同期比増減 前期同期比増減率
売上高 14,884 14,935 50 0.3%
営業利益 829 986 156 18.9%
親会社株主に帰属する四半期純利益 372 715 342 92.1%

2022年3月期第2四半期連結累計期間におけるわが国の経済は、新型コロナウイルス感染症の夏場の感染拡大の影響により一部の業種で厳しい状態が続いているものの、概ね持ち直し方向にあると見られます。緊急事態宣言の解除やワクチン接種の進展に伴う需要回復への期待から、対面型サービスの景況感改善も期待されています。また、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化するなかでも、企業の投資は改善傾向にあり、ソフトウエア投資も堅調に推移していくものと見られています。
当第2四半期連結累計期間の業績は、お客様のデジタルトランスフォーメーション(DX)に必要不可欠なデータセンターサービスやクラウドサービスへの需要に対応し、情報処理サービスは好調を維持しています。システム開発サービスにおいては、新規の開発案件に立ち上がりの遅れが出ている状況ながら、金融業・流通業・通信サービス業などにおいて順調に回復してきています。
その結果、売上高は14,935百万円(前年同期比0.3%増)となりました。また、利益面は、システム開発サービスにおける要員の運営効率改善により、営業利益986百万円(同18.9%増)、経常利益1,095百万円(同28.2%増)となりました。親会社株主に帰属する四半期純利益は、前連結会計年度に計上した特別損失がなくなり、715百万円(同92.1%増)となりました。

(2022年3月期第2四半期決算短信より)

見通し

(単位:百万円)

2021年3月期2Q 2022年3月期2Q 増減 2022年3月期公表値 進捗率

売上高

14,884

14,935

50

32,500

46.0%

営業利益

829

986

156

2,330

42.3%

経常利益

854

1,095

241

2,330

47.0%

親会社株主に帰属する
当期(四半期)純利益

372

715

342

1,600

44.7%

当社を取り巻く事業環境は、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化するなかでも、企業の投資は改善傾向にあり、ソフトウエア投資も堅調に推移していくものと見られています。
当社グループが属する情報サービス業界においては、ニューノーマル時代における非接触・非対面への対応、クラウドコンピューティングの普及拡大、ビッグデータやAI(人工知能)の活用拡大、IoTの推進、業務効率化等「デジタルトランスフォーメーション(DX)」への取り組みは継続していくものと見られています。
このような環境下、当社グループは引き続き好調なデータセンターサービス、クラウドサービスを中心にDXへの取り組みも更に強化し、売上高の過去最高水準値を目指して邁進してまいります。

財務・業績情報

IRカレンダー

  • 2022年5月16日 16:002022年3月期決算説明会(機関投資家・アナリスト向け)
  • 2022年6月下旬 第51回定時株主総会
  • 2022年7月下旬2023年3月期 第1四半期決算発表

詳しく見る

株価情報

よくあるご質問

当社に関するIRレポート掲載

IR情報配信メール

投資家情報に関するお問合せ

045-682-0806

受付時間:平日9:00〜17:30

お問い合わせ
フォーム

TOP

TOP