フリーワード検索

ホットコマンド

高速データ処理ツール

『ホットコマンド』とは、企業の基幹系システムや個人のPCに散在する各種データを集計、加工し、必要な情報を必要な時に簡単に抽出できるデータ処理ツールです。管理部門での手間の掛かる集計作業や、部門/取引先別の売上分析表作成を自動化できます。システム化するには開発費用が掛かり過ぎる...。手作業では担当者の負担が掛かり過ぎる...。といった問題を低コストで解決できます。

特徴

  • 日常的に利用することも多く、慣れ親しんでいるExcelデータを高速に集計・加工できる汎用性の高さがポイントです。
  • プログラミングの知識がなくてもホットコマンドに用意されている機能(コマンド)を組み合わせることにより、目的の処理を簡単に行うことができます。
  • 一度行った処理は登録して繰り返し実行(バッチ)することが可能で、日次、週次、月次などで行う定型作業を自動化することが容易にできます。
  • Office(表計算ソフト)のバージョンに影響を受けないため、Excel資産の有効活用が可能です。
  • 容易にデータ編集作業を自動化できるため、属人性の排除ができます。

機能

定型業務の自動化

1度作った処理は、何度も繰り返し実行できるバッチ処理機能を使って、管理部門等で行っている、手間の掛る定例作業を自動化することができます。
 《効果・メリット》 エクセルの切り貼り等、手作業による人的ミス、作業時間の削減


データ加工に最適

各種データ集計/マスタファイルとのマッチング/キーを指定してのソート等は、ホットコマンドの基本コマンドを使用して、プログラムを作ることなく、簡単に!短い時間で!実現可能です。
 《効果・メリット》 開発工数、開発費用の削減


大量データの高速処理

オンメモリ処理や、独自の高速処理ロジックにより、エクセルやアクセスで処理しきれなかったり、処理ができても非常に時間のかかる大量のデータを、項目ベースで高速に且つ、正確な処理を実現します。
 《効果・メリット》 専用サーバーなど、高価なマシンでなくても、身近なPCで高速処理が可能

 《代表的な活用例》

  • 旧システム⇒新システムへの移行データ作成
  • Webシステムから基幹システムへの連携
  • コンサルの営業情報分析表作成
  • 公共機関の統計情報分析表作成
  • ガス料金の請求データ作成
  • 予算管理シートの集計
  • 勤務表の集計
  • 災害報告書の集計
  • 支店報告の集計

概要図

仕様・諸元・動作環境

サーバ環境/ クライアント環境(日本語版のみ)

  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019
  • Windows 8.1
  • Windows 10

Excel(64Bit版/32Bit版)

  • Excel 2010
  • Excel 2013
  • Excel 2016
  • Excel 2019
    (デスクトップ版アプリのみ動作保証、ストアアプリ版は保証対象外)

その他スペック

  • 推奨CPU  Pentium4(1.4GHZ相当以上)
  • 推奨メモリ  2GB(最低512MB 以上)
  • ディスク容量 50MB 以上(初期セットアップ時)

注意事項

  • 日本語版のみ動作を保証します。

お問い合わせ先

TOP