フリーワード検索

moconavi

セキュアBYOD ネットワーク分離

ワークスタイル変革、BYOD、テレワークを実現!
セキュアMAM moconavi

特長

セキュリティと利便性を共存させ、あらゆるビジネスツールと連携するテレワークプラットフォーム

moconaviは、モバイル端末にデータを残すことなく今お使いの業務システムに連携させ活用できるテレワークプラットフォームです。セキュアな環境を実現させるネイティブアプリならではの操作感・機能をそのままに、複雑な設定なしに、各種クラウドサービスと接続することで円滑なテレワークを実現できます。例えば、Microsoft365、Microsoft Teams、G Suite、SalesForce、SanSan、Box、サイボウズなどのクラウドサービス、イントラネットやオンプレのストレージサーバなどと連携が可能です。



機能

電話帳を基盤にメール・チャット・通話のビジネスコミュニケーションが充実

電話帳を基盤にしてメール・チャット・通話などのビジネスコミュニケーションが充実。moconaviアプリ1つでセキュアに利用できます。連携している電話帳(moconavi独自のクラウド電話帳やSanSanなど)に電話番号の登録があれば、端末に未登録の電話番号からの着信でも、発信元の連絡先が表示されます。また、moconavi独自のビジネスチャットは、シンプルな画面と直感的な操作性で社内コミュニケーションを促進します。



概要図

端末にデータを一切残さないセキュリティ​

moconavi最大の特長は、使用端末にデータを一切残さないことです。端末にデータを残さないことにより、外出先で業務を安全に行なうことができ、紛失など不測の事態が発生しても会社が保有している機密性の高い情報・データが漏洩することはありません。

仕様・諸元・動作環境

マルチデバイス・マルチOSををサポート

moconavi は、携帯電話/Androidフィーチャーフォン、iOS端末、Android端末、PCと種類を問わず利用することができ、どの端末でも同一の操作感を実現しています。


対応OS動作情報

  • iOS:10~13(プル型着信連携機能を利用する場合は10.1以降)
  • iPadOS:13
  • Android:4.4~10
  • Windows:Windows10 1709(OSビルド:16299)(Fall Creators Update)以降
  • Androidフィーチャーフォン:5.1.1~ 8(端末別動作確認状況については下記詳細表をご確認ください)

https://moconavi.jp/service/requirement-2/を参照ください。

導入企業

MAM市場、4年連続シェアNo.1

MAM(Mobile Application Management)とは、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスにインストールしたアプリケーションを管理する仕組みです。主に業務で使用するアプリケーションで扱っているデータが流出するのを防ぐために使われており、各企業で私有の端末を業務に活用するBYOD(Bring Your Own Device)が進む昨今、業務データの漏洩リスクを避けるため、さまざまな業種・業界で利用されています。


導入事例リンク:https://moconavi.jp/casestudy

TOP